史跡・城跡

塩見縄手・武家屋敷~松江城下にあります。

武家屋敷 塩見縄手



スポンサーリンク



武家屋敷(塩見縄手)】
武家屋敷(ぶけやしき)は、
島根県松江市北堀町塩見繩手にある博物館です。

【説明】
江戸時代において、
侍町であった塩見縄手の
ほぼ中央に現存する侍屋敷を
資料展示施設に利用した博物館です。
面積が約70坪の母屋と中間の住居として
用いられていた長屋と長屋門、
ほかに裏門、庭園が現存し、
建物は松江市の文化財に指定されています。

武家屋敷(塩見縄手) 案内図

江戸時代中期、享保18年(1733年)の
大火の直後に建てられたとされています。
以来、明治維新まで松江藩の
中級武士の住居として使用され、
明治時代には漢学者の瀧川資言も居住しました。

<当主居間>
武家屋敷(塩見縄手) 当主居間

【展示品】
館内には刀、槍、薙刀などの武器、
裃や化粧道具・お歯黒道具など
武士の日用品が展示されています。

<奥方居間~内玄関>
武家屋敷(塩見縄手) 奥方居間~内玄関

【武家屋敷の建屋】
武家屋敷は、主屋、長屋門・塀などからなり、
江戸期の面影を今に伝えています。
塩見縄手の名前の由来となったとされる
塩見小兵衛も住んだ屋敷です。
500~1000石程度の藩士が
屋敷替えによって入れ替わり住んでいました。
享保18年(1733年)の大火のあと
焼失後再建され、其の後も主屋は
幾度かの増改築を経ています。
2016年度から3年にも及ぶ
保存修理工事において、
解体調査や資料調査により
明らかとなった明治期の図面をもとに復元しました。

主屋はおよそ67坪で、
表側である式台玄関(来客用玄関)
から座敷に至る部分と、
裏側である私生活の部分では
造りも材料も特に区別がされ、
武家の公私の別の厳しさを示しています。

武家屋敷(塩見縄手) 主屋

また、築山式の庭園は、
飾りを省いた素朴なつくりで、
質実剛健の気風がうかがえます。

武家屋敷(塩見縄手) 茶室から庭

【明治以降は滝川家】
明治以降の住人は瀧川家で、
「『史記会註考証」の著者である
漢文学者・瀧川亀太郎(号君山)
の碑が庭内に建っています。




スポンサーリンク



【塩見縄手】
この武家屋敷の前に広がる通りは、
塩見縄手と呼ばれ、松江開府の祖である、
堀尾吉晴が1607年(慶長12年)から
1611年にかけて、
松江城築城の際に
城地の亀田山と北側の赤山を掘削して、
内堀とそれに並行する道路
および侍屋敷を造成してできた
城下町の通りです。

塩見縄手
※建物は「小泉八雲記念館」です。

縄手とは、
縄のようにひとすじにのびた
道路のことをいいます。
この塩見縄手には、
武士の家中屋敷がならんでいました。
日本の道100選に選定されています。

【塩見の由来】
なかでもこの武家屋敷に一時住んでいた
塩見小兵衛がのちに異例の栄進をしたため、
それをたたえてこの通りを
塩見縄手と呼ぶようになったということです。

【開館時間】
<4月~9月>
午前8時30分~午後6時30分
(入館は午後6時10分まで)
<10月~3月>
午前8時30分~午後5時
(入館は午後4時40分まで)

<年中無休>

【入館料】
大人:
310円(団体料金:240円)
小人(小・中学生)
150円(団体料金:120円)
外国の方
210円【小人:100】
※団体は20名以上です。

【3館共通券について】
松江城天守閣
◆小泉八雲記念館
◆武家屋敷
3館のお得な共通券です

大人:1100円
小人(小・中学生):510円

※3館共通券提示で、
小泉八雲旧居・松江歴史館・堀川遊覧船・
月照寺など観光施設の入場料が割り引きになります。

【所在地】
〒690-0888 島根県松江市北堀町塩見縄手305
TEL:0852-22-2243 FAX:0852-22-2343

【交通アクセス】
JR山陰本線 「松江」駅から
松江レイクラインで15分、
バス停「塩見縄手」下車、徒歩4分

松江城から徒歩でもたどり着けます。
散策するにはとても良いです。

松江城~天守は国宝、城跡は国の史跡。天守からは宍道湖が見えます。

関連記事

  1. 満江御前屋敷跡(大屋敷) 満江(万劫)御前~曽我兄弟を含めて5人の子供のお母さんで狩野茂光…
  2. 要害山城 甲府 積翠寺にある武田信玄公産湯の井戸跡と背後の要害山城、続日本100…
  3. 旧滝沢本陣 会津若松 旧滝沢本陣~国の重要文化財、会津藩主の休息所であり白虎隊の出陣の…
  4. 江川邸及び旧韮山代官所跡 江川邸及び旧韮山代官所跡、世襲代官の江川家は900年続く清和源氏…
  5. 有岡城跡 荒木村重と残された女性や家臣たちの悲惨な最期~有岡城の戦い~
  6. 由比若宮(元八幡) 由比若宮(元八幡)、河内源氏の源頼義が前九年の役の勝利で勧請した…
  7. 新選組殉難の地 如来堂・斉藤一本陣跡、新選組殉難の地~斎藤一は会津に残り、土方歳…
  8. 大桑城の遠景 大桑城~美濃国守護である土岐氏の最後の居城~



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 織田信秀とは 織田信長の父親~配下の清洲三奉行から戦国大名となり、信長に託す! 織田信秀

ピックアップ記事

  1. 稲村城跡(安房国)
  2. 宗悟寺 比企一族顕彰碑
  3. 旧滝沢本陣 会津若松
  4. 光秀と信長
  5. 五番領城 八幡宮
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP