鎌倉殿の13人

  1. 岩殿観音正法寺 観音堂

    岩殿観音正法寺 ・開基1300年の古刹、源頼朝の庇護の下比企能員が再興し北条政子の守り本尊となる。

    【岩殿観音正法寺】岩殿観音の呼び名で親しまれる正法寺の正式な名称は巌殿山正法寺(いわどのさん しょうぼうじ)です。埼玉県東松山市にある真言宗智山派の寺院です。坂東三十三箇所の十番札所です。【岩殿観音の歴史…

  2. 安楽寺(吉見観音)境内

    安楽寺(吉見観音)、比企三山の一つで源範頼が身を隠したと伝わる名刹です。

    【安楽寺(吉見観音)】安楽寺(あんらくじ)は、埼玉県比企郡吉見町にある真言宗智山派の寺院…

  3. 班渓寺

    山吹御前~木曾義仲(源義仲)の妻妾で木曾義高(源義高)の生母とも伝えられています。

    【山吹御前】山吹御前(やまぶきごぜん)は、平安時代末期の女性です。「平家物語」により…

  4. 宗悟寺 比企一族顕彰碑

    比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕府創立の陰の功労者。

    【比企尼】比企尼(ひきのあま、生没年不詳)は、平安時代末期の女性。武蔵国比企郡の代官で、…

  5. 琵琶湖 近江大橋

    巴御前~強弓の名手で荒馬乗りの美貌の女武者、常に木曾義仲の傍にいたが最期の時だけは叶わず。

    【巴御前】巴御前(ともえごぜん、生没年不詳)は、平安時代末期の信濃国の女性です。女武者と…

  6. 杉本寺 池

    山内首藤経俊~源頼朝からは無益な者との評価でも母のお陰で地位は保全されました。

  7. 奉安殿

    文覚~元は北面の武士だが恋する女性を殺めて19歳で出家、源頼朝に挙兵を促した型破りな怪僧

  8. 鎌形八幡宮

    木曾義仲(源義仲)河内源氏で源頼朝とは従兄弟、美男子で信義と情を備えていたが武骨で公家文化に疎かった。

  9. 千葉常胤

    千葉常胤~桓武平氏の流れをくむ千葉氏の中興の祖~鎌倉幕府成立に大きく貢献した人物です。

  10. 相模湾 遠くに材木座

    牧宗親~北条時政の継室である牧の方の兄(もしくは父)、源頼朝と北条時政に仕えており板挟みでツライよ?

おすすめ記事

  1. 一乗谷館跡と朝倉氏~一乗谷朝倉氏遺跡・国の三重指定、103年間の栄華の跡 一乗谷 朝倉氏館跡

ピックアップ記事

  1. 華厳山 金剛寺(厚木市)
  2. 與一堂(真誠殿)
  3. 虎女(虎御前)住庵の跡
  4. 大乗院(平塚市土屋)
  5. 相模国大友郷
PAGE TOP