鎌倉殿の13人

  1. 鶴岡八幡宮 舞殿

    静御前~源義経の愛妾、儚い幸せとその後の寂寞たる足跡は今に語り継がれています。

    【静御前】静御前(しずかごぜん、生没年不詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性白拍子です。母は白拍子の磯禅師。源義経の愛妾でした。【源義経との出会い】源義経が京都堀川第で兄頼朝の刺客である土佐房昌俊に…

  2. 桜並木 河原

    上総広常~房総平氏の惣領家で源義朝の郎党~平家政権の打倒よりも関東の自立を目指し殺される

    【上総広常】上総 広常(かずさ ひろつね)は平安時代末期の武将で豪族でした。上総権介平常…

  3. 白糸の滝と虹

    曽我兄弟の縁の地・富士宮市~井出の代官屋敷・曽我八幡宮・曽我兄弟の供養塔・曽我の隠れ岩・音止の滝 

    【曾我物語】建久4年(1193年)に源頼朝が富士の裾野で行なった大規模な巻狩り(富士の巻…

  4. 曽我兄弟の像(曽我寺)

    曽我兄弟の縁の場所(富士市)~化粧坂少将(姫宮神社)・曽我寺・曽我八幡宮・五郎の首洗い井戸

    【曾我物語】建久4年(1193年)に源頼朝が富士の裾野で行なった大規模な巻狩り(富士の巻…

  5. 富士塚城址

    富士塚城址~飯田五郎家義の居館跡で、石橋山の戦いで源頼朝を救った武将で渋谷重国の子です。

    【富士塚城址】富士塚団地内に「富士塚城址」の石碑のある富士塚公園があります。この辺りは、…

  6. 渋谷氏長後居跡(長後天満宮)

    渋谷氏長後居跡~河崎基家が館を構え、その子である河崎重家、さらに孫である渋谷重国が居住しました。

  7. 妙本寺(比企邸跡)

    比企朝宗~比企一族で源頼朝と朝廷に仕えており才色兼備である姫の前の父親です。

  8. 横山党根拠地

    横山党館~八幡八雲神社(八王子)・横山党は武蔵七党の一つで関東最大勢力の武士団です。

  9. 高部屋神社

    糟屋有季~糟屋(糟谷)氏の所領は伊勢原市一帯で横山党とも繋がりがあります。糟屋氏一族の城所城跡があります。

  10. 五所八幡宮(中村荘司御殿跡付近)

    中村宗平~中村党の祖で源頼朝を支えてきた武士団で、鎌倉党とは大庭御厨を巡る対立がありました。

おすすめ記事

  1. 渋沢平九郎について~幕末のイケメンで渋沢栄一の見立養子で義兄弟、墓と終焉地は越生にあります。 渋沢平九郎

ピックアップ記事

  1. 史跡 武田氏館跡(躑躅ヶ崎館跡)
  2. 山本勘助春幸屋敷
  3. 土屋惣蔵昌恒の墓 入り口
  4. 土屋右衛門昌続屋敷跡
  5. 要害山城 甲府
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP