鎌倉殿の13人

  1. 鶴岡八幡宮

    源仲章~後鳥羽院の廷臣であり鎌倉幕府の在京御家人という二重スパイ的立場で実朝と共に散ります。

    【源仲章】源 仲章(みなもと の なかあきら)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての貴族・御家人・儒学者です。宇多源氏、左大臣・源雅信の後裔で、河内守・源光遠の子です。官位は従四位上・文章博士。【系譜…

  2. 比叡山 延暦寺

    慈円~歴史書「愚管抄」の著者で九条兼実は同母兄、天台座主を務め小倉百人一首にも選出されています。

    【慈円】慈円(じえん、旧字体:慈圓、久寿2年4月15日(1155年5月17日)⇒嘉禄元年…

  3. 延暦寺 境内 階段

    藤原兼子~後鳥羽天皇の乳母で院政で権勢をふるい朝幕関係に手腕を発揮するも承久の乱後に権力を失う。

    【藤原兼子】藤原 兼子(ふじわら の けんし、ふじわらのかねこ久寿2年(1155年)⇒寛喜元…

  4. 竹藪 愛知

    平賀朝雅~源氏門葉の一族で妻は北条時政と牧の方の娘、故に権力争いの渦中に巻き込まれていきます。

    【平賀朝雅】平賀 朝雅(ひらが ともまさ)は、平安時代末期から鎌倉時代前期にかけての鎌倉…

  5. 法隆寺 敷地内 門 桜

    土御門通親~村上源氏の嫡流で九条兼実を失脚させ、やがては朝廷政治を掌握します。

    【土御門通親】源 通親(みなもと の みちちか)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて…

  6. 稲毛重成と枡形城~秩父一族で畠山重忠とは従兄弟、相模川の橋を架橋したと伝わる人物です。

  7. 清光寺(北区豊島)

    清光寺~豊島清元(豊島清光)開基で居館が近くにあり豊島氏発祥の地に建つ寺院です。

  8. 毛越寺境内

    藤原国衡~藤原秀衡の長庶子で藤原泰衡の異母兄、蝦夷の血を引く彼は武勇に優れており家中の期待も高かった。

  9. 平泉 柳之御所

    藤原 泰衡~奥州藤原氏最後の当主、源義経や身内の命を犠牲にしても彼が守りたかったものとは何か?

  10. 武田八幡宮 階段

    一条忠頼~甲斐源氏棟梁である武田信義の長男、駿河を掌握するも源頼朝の命を受けて誅殺された。

おすすめ記事

  1. 築山殿(瀬名)~徳川家康の正室で松平信康と亀姫の生母ですが、後に非業の死を遂げます。 築山殿の墓

ピックアップ記事

  1. 刈谷城跡 亀城公園
  2. 刈谷城跡
  3. 興禅寺(羽黒城跡) 門
  4. 京都と線路
  5. モネの池(岐阜県)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP