城跡

深谷城址~深谷市の中心部に存在する深谷上杉氏の居城~

深谷城址公園




【深谷城】

深谷城(ふかやじょう)とは、
現在の埼玉県深谷市本住町にあった日本の城です。

城の形態としては、平城でした。

<深谷城址公園・案内板>
深谷城址公園 案内板

【別名】
木瓜城
【形態】
平城
【天守構造】
不明
【築城主】
上杉房顕
【築城年】
康正2年(1456年)
【主な城主】
深谷上杉氏、松平氏、酒井氏
【廃城年】
寛永11年(1634年)
【遺構】
堀、模擬(石垣、塀、堀)、
石碑、説明板

【築城】
康正2年(1456年)に
深谷上杉氏の上杉房顕が
台地の北端部付近に築いたものです。
天正18年(1590年)、
豊臣秀吉小田原征伐で開城するまで、
深谷上杉氏の居城でした。
其の後は徳川家康の関東入部に伴い、
長沢松平家の松平康直が1万石で入城しました。

【江戸時代】
その後、徳川家康の七男松千代、
兄の六男忠輝が継ぎました。
しかし、忠輝は慶長7年(1602年)に
下総佐倉へ転封となり、
慶長15年(1610年)に
桜井松平氏の松平忠重が入封しましたが
元和8年(1622年)に上総国佐貫へ移封されました。

その後、酒井忠勝が1万石を領有して入封しましたが、
寛永4年(1627年)に武蔵国川越へ移封となり、
深谷藩は廃藩となりました。
そして寛永11年(1634年)に廃城となりました。

【規模】
南北600mの規模があったそうです。
面積にして20ヘクタールほどありました。

【現在】
現在は、城址公園として整備されています。
遺構はほぼ残っていません。
模擬石垣・塀・堀が造られています。
隣接する富士浅間神社の周囲に外堀跡が残っています。

道路越しの深谷城址公園

【交通アクセス】
【電車】
JR高崎線・深谷駅から徒歩13分

【車】
関越自動車道・花園ICから20分

【駐車場】
あり

【所在地】
〒366-0823 埼玉県深谷市本住町17

<場所>

庁鼻和城址と国済寺~深谷上杉氏の祖である上杉憲英

上杉謙信について~越後の龍・49年の生涯~駆け足で超手短に!

関連記事

  1. 大胡城跡 本丸へ 大胡城跡~上杉氏と小田原北条氏の攻防、そして徳川家康の天下の狭間…
  2. 生品神社 生品神社~新田義貞公鎌倉幕府倒幕の旗揚げの地~新田庄遺跡
  3. 国府台城跡 里見広次亡霊の碑 国府台城~下総国の大激戦の地~国府台合戦、里見氏VS小田原北条氏…
  4. 庁鼻和城址と国済寺 庁鼻和城址と国済寺~深谷上杉氏の祖である上杉憲英
  5. 女渕城・水堀 女渕城址~城主は真田昌幸の策略で謀殺された沼田景義~上杉VS北条…
  6. 高崎城址 高崎城跡~井伊直政が築城し改修は安藤重信~元は鎌倉時代から存在し…
  7. 小金城址 土塁跡 小金城跡~下総国、最大規模の平山城~現在は宅地開発が進むも面影は…
  8. 中村城・模擬天守 中村城~高知の小京都・四万十市街を一望できる眺めの良い城~

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 神梅城跡~阿久沢氏の居城~山間にあった城と集落、上杉謙信、小田原北条氏と渡り歩く 神梅城(深沢城)址・本丸

ピックアップ記事

  1. 小泉城址
  2. 瀬田城址
  3. 和田義盛 旧里碑
  4. 伊勢崎城址の裏
  5. 今江城 石碑
  6. 八上城・遠景
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP