城跡

庁鼻和城址と国済寺~深谷上杉氏の祖である上杉憲英

庁鼻和城址と国済寺




【庁鼻和城】

「こばなわじょう」とよみます。
初代関東管領で山内上杉家の始祖であった
上杉憲顕(うえすぎ のりあき)は、六男である
上杉憲英(うえすぎ のりふさ)をこの地に遣わし、
館を築かせます。
目的は新田氏を抑えるためでした。

上杉憲英公は深谷上杉氏の祖となり
初代の庁鼻和城主となります。
武蔵平一揆や新田義宗・脇屋義治の反乱を鎮圧し、
明徳3年(1392年)に
奥羽地方が鎌倉府の管轄に移されると、
奥州管領に任じられて
嫡男の上杉憲光とともに任にあたりました。
以後、上杉憲光、上杉憲長と3代にわたってこの地に
居住しました。

【館の広さ及び構造など】
案内板によると、
館は1辺170米の正方形で
外郭を含めると28ヘクタールの広さ、
ということです。

【国済寺建立】
康応2年(1390年)に上杉憲英公が
高僧・峻翁令山(しゅんのうれいざん)禅師を招いて
館内に国済寺(こくさいじ)を開きました。
現在は歴代上杉氏の菩提寺となっています。
奥には歴代上杉氏の墓所があります。

【遺構】
本堂裏手に
当時の築山と土塁が残っています。

【廃城】
子孫の上杉房憲が深谷城を立てて深谷上杉家を名乗り、
庁鼻和城は廃城となりました。

【所在地】
〒366-0033 埼玉県深谷市国済寺521

【駐車場】
お寺の駐車スペース有り。

<場所>
青印は駐車スペース付近です。

<国済寺入り口>
国済寺 入り口

<黒門(総門)>
江戸時代に建立されました。
深谷市指定文化財です。
国済寺 黒門(総門)

<三門>
江戸時代に建立されました。
深谷市指定文化財です。
国済寺 三門

深谷城址~深谷市の中心部に存在する深谷上杉氏の居城~

上杉謙信について~越後の龍・49年の生涯~駆け足で超手短に!

関連記事

  1. 宿毛城(松田城)跡 宿毛城跡(すくもじょう)~長宗我部氏の西の拠点となった城
  2. 小泉城址 小泉城~結城一族である富岡氏の居城~土塁や水堀が良好に残っている…
  3. 足利学校 足利学校・ザビエルも海外に伝えた日本最古の大学
  4. 神梅城(深沢城)址・本丸 神梅城跡~阿久沢氏の居城~山間にあった城と集落、上杉謙信、小田原…
  5. 皆川城跡 皆川城~皆川氏の本拠地として鎌倉時代頃から戦国時代末期まで存在し…
  6. 高幡城跡  高幡城跡~新選組・土方歳三の菩提寺である高幡不動尊~分倍河原の戦…
  7. 有馬城山 有馬城山~小田原北条氏家臣・窪田又五郎が築いた城
  8. 由木城跡 由木城跡(柚木城跡)~大石氏館跡・大石定久公の像とお墓~永林寺に…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 栃木城~築城は皆川広照~小勢力ながら譜代大名として生き残りに成功した人物 栃木城址

ピックアップ記事

  1. 尾高惇忠生家
  2. 明智一族
  3. 織田信長の肖像画
  4. 上杉謙信像
  5. 木俣守勝
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP