城跡

三河・岡山城~西条吉良氏の流れをくむ岡山氏の居城、その後は吉良氏家臣の富永伴五郎忠元が管理。

三河・岡山城



スポンサーリンク



【三河・岡山城

 
詳細は不明です。
比高15mの丘陵端に
築かれた館城とされています。
14世紀後期、西条吉良家4代満義の
五男である満康が岡山氏の祖となり、
その後、岡山氏代々の
居城として存続したと云うことです。

16世紀中期、城主に
富永半五郎勝光・富永半三郎勝光の名があり、
室城主富永伴五郎忠元
管理したとあります。
永禄4年(1561年)、
松平元康徳川家康)の
「東条城攻め」で富永伴五郎忠元が討死、
敗れた東条(吉良)義昭は岡崎に
捕われたましたが、
1562年に許されて
東条に戻ったとのことです。
1563年「三河一向一揆」が起こると、
東条(吉良)義昭は再び徳川家康に背いて
東条城へ入ります。
が、一揆方の久留善四郎正勝は
徳川家康方へ寝返り、
岡山城に籠って
一番槍の功名を立てたと云うことです。
なお、お城の南東方向、
及び東条城の南西方向に
富永伴五郎一族討死の地があります。
東条城からのほうが近いです。

<所在地>
〒444-0533 愛知県西尾市吉良町寺嶋五反田57−1

永禄4年9月に起きた松平元康(後の徳川家康)と
吉良義昭の間で発生した
藤波畷の戦いにおいて、
吉良方の将「富永伴五郎」が
松平方の武将である
本田広孝に打ち取られた場所になります。
この伴五郎の死をもって、
吉良義昭は吉良城の開城を
決意したといわれています。
現在では1717年に
地元の方たちによって
富永伴五郎を弔うために
地蔵尊が祀られています。

【江戸期】
江戸期に入ると、
吉良上野介義弥の
次男である弥清が住し、
岡山八兵衛を称しました。
現在は山林に変わり、
曲輪が残っているとのことです。

県道318号線岡山信号を
南へ進んだ最初の辻を
右へ曲がった正面に見える山が
岡山城跡です。
南西の尾根端に墓地が在る場所です。
なお県道318号線を東へ進むと、
東条城跡が在ります。

【三河・岡山城所在地】
愛知県西尾市吉良町岡山字砦山21

三河 ・東条城~東条吉良氏・東条松平氏の居城、藤波畷の戦いで吉良氏が松平元康に敗れました。

藤波畷古戦場~東条吉良氏VS松平元康の攻防戦の一つで元康が勝利しました。

善明堤の戦い・鎧ヶ淵古戦場 (黄金堤)~東条吉良氏と松平元康の攻防戦の一つ、一族の多くを失い敗北。

牟呂城(室城)~東条吉良氏の譜代家臣である富永氏の居城、富永伴五郎忠元について。

三河・今川城~今川氏発跡地、今川一族の足跡は常に鎌倉・室町幕府の歴史の渦中にいました。

西尾城~城独自の特徴として二ヶ所の屏風折れがある土塀があります。

関連記事

  1. 網戸城跡(網戸神社) 網戸城と寒川尼墓~網戸郷の地頭となった寒河尼と築城した孫の網戸朝…
  2. 鶴ヶ城(田儀城)島根県 出雲・鶴ヶ城(別名は田儀城)~築城年が諸説あるも尼子36城の一城…
  3. 甲斐・須沢城 甲斐・須沢城~南北朝・観応の擾乱にて落城、須沢城の悲劇として後世…
  4. 生品神社 生品神社~新田義貞公鎌倉幕府倒幕の旗揚げの地~新田庄遺跡
  5. 三太刀城跡 三太刀(みたち)城跡~小早川氏の祖である土肥遠平の御館か?~相模…
  6. 月山富田城跡(山中御殿付近) 月山富田城~出雲国守護の城、170年間尼子氏6代の本拠地で別名は…
  7. 金谷城(安房国) 金谷城~上総と安房の国境の城、天文の内訌で謀殺された里見実堯が在…
  8. 福光城(不言城)(物不言城) 石見・福光城(物不言城)~吉川経安の拠点で悲劇の武将である2代目…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. ジョン万次郎の生涯を手短に!~漁師から国際人へ!14歳で漂流~ 中浜万次郎(ジョン万次郎)像

ピックアップ記事

  1. 昇仙峡
  2. 大阪の街
  3. 田代砦
  4. 源頼家 墓所 修善寺
  5. 宇佐美の海
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP