城跡

平田城跡~鳶ヶ巣城・高瀬城と同じく宍道湖の水軍の要衝として重用された城

平田城(出雲)




【平田城】
平田城(ひらたじょう)は、
島根県出雲市平田町にあった日本の城です。

【別名】
手崎城、薬師寺城

【城郭形態】
連郭式山城

【天守構造】
なし

【築城主】
多賀氏

【築城年】
応永年間

【主な改修者】
牛尾大蔵左衛門

【主な城主】
多賀氏、飯野氏、牛尾氏

【廃城年】
不明

【遺構】
郭、土塁、堀切

<川岸からの平田城跡>
平田城 川岸

【説明】
出雲平野に突き出す丘陵上に位置しています。
往時は山裾を宍道湖の湖水が洗っていました。
この為、水運の要衝として、
鳶ヶ巣城、高瀬城らと共に重く扱われたとのことです。

元亀年間に尼子氏残党が蜂起した際には
毛利方の武将である
牛尾大蔵左衛門(牛尾春重)が守り、
高瀬城に拠った尼子方の米原綱寛と対峙しました。

現在、城域一帯は
愛宕山公園として整備されており、
特に春の桜は有名であるそうです。
そのぶん、遺構が崩されてしまったそうです。

【遺構】
城域一帯が現在は公園となり、
市民の憩いの場となっています。
地形が大きく改変されているため、
遺構は非常にわかりにくくなっています。
展望台となっている部分が主郭と考えられており、
そこに登れば、周囲の地形から
堀切の存在も想定することができる、とのことですが。

【歴史】
応永年間、多賀氏により築城。

<大永8年(1528年)>
飯野氏が城主になります。

<永禄5年(1562年)>
毛利氏の出雲侵攻により、毛利氏の手中となります。

<元亀元年(1570年)>
尼子氏残党の蜂起を受けて、
牛尾大蔵左衛門が入城し、
尼子方との合戦の舞台となりました。

【所在地】
〒691-0001 島根県出雲市平田町287

【交通アクセス】
一畑電車「雲州平田」駅下車徒歩15分

鳶ケ巣城~宍道湖の水運を押さえる戦略的重要性のある要害。登山口に駐車場あります。

高瀬城(出雲)、鳶ヶ巣城・平田城と同じく宍道湖の水軍の要衝として重用された城で尼子十旗。

関連記事

  1. 皆川城跡 皆川城~皆川氏の本拠地として鎌倉時代頃から戦国時代末期まで存在し…
  2. 大田和城址 横須賀 大田和城址~大多和氏は三浦一族。
  3. 深谷城址公園 深谷城址~深谷市の中心部に存在する深谷上杉氏の居城~
  4. 大胡城跡 本丸へ 大胡城跡~上杉氏と小田原北条氏の攻防、そして徳川家康の天下の狭間…
  5. 七尾城址 七尾城跡~国史跡の日本五大山城~能登畠山氏の本拠地。上杉謙信、前…
  6. 生土城跡 生土城跡~大森氏が築城した支城~鎌倉公方・足利持氏が滞在したと伝…
  7. 小机城址 小机城跡~長尾景春の乱と豊島氏の滅亡、小田原北条氏の時代へ~戦国…
  8. 熊谷家住宅 石見銀山 熊谷家住宅 ~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」の構成資産…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 織田信長の撤退戦である金ケ崎退き口・古墳もあり平安時代から繰り返す金ケ崎古戦場跡 金ケ崎城 小道

ピックアップ記事

  1. 古河公方館跡
  2. 平田城(出雲)
  3. 明智藪(小栗栖)
  4. 阿閉貞征
  5. 京都 白川
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP