城跡

長篠城 (日本100名城)~城をめぐる激しい攻防戦で有名、国の史跡に指定されています。

長篠城址



スポンサーリンク



長篠城

長篠城(ながしのじょう)は、
三河設楽郡長篠(愛知県新城市長篠)
にあった日本の城です。
特に天正3年(1575年)の
長篠の戦いに先立つ
長篠城をめぐる激しい攻防戦で知られています。
現在は国の史跡に指定され、
城跡として整備されています。

長篠城概要図

【別名】
末広城、扇城

【城郭構造】
平城

【天守構造】
なし

【築城主】
菅沼元成

【築城年】
永正5年(1508年)

【主な改修者】
奥平信昌
徳川家康

【主な城主】
菅沼氏奥平氏

【廃城年】
天正4年(1576年)

【遺構】
曲輪、土塁、空堀、石垣

長篠城 堀

【指定文化財】
国の史跡(城跡の一部)

この地域の交通の要衝の地にありました。
寒狭川(現在「豊川」と呼ばれているもの)と
大野川(現在の宇連川)が合流する場所に
突き出した断崖絶壁の上にあり、
南や東西方向については、
二つの川と断崖絶壁に守られた天然の要塞でした。

(▽状に)突き出した断崖の近く、
やや西側、寒狭川寄りに本丸を置いていました。

長篠城本丸跡

長篠の戦いのころの構造についは、
本丸のすぐ北側には堀が掘られ、
その北側に二の丸、
そのすぐ北側にまた堀が掘られていたとのことです。
二の丸外側に三の丸、弾正曲輪などがあり、
本丸の西側に服部曲輪があり、
野牛曲輪なども築かれ、
城域を北側を囲むように
木柵が作られていたとのことです。
川と断崖のおかげで南と東西の守りは
堅固でしたが、
北側は台地状に平地が広がっていて
そのままでは守りが弱かったため、
そちらにはしっかりとした堀が
掘られていたのでした。

要害の長篠城

南や東西から見れば
断崖絶壁上の城ですがが、
北側から見た姿をもってして
「平城」に分類されることもあります。




スポンサーリンク



【歴史・沿革】
永正5年(1503年)、
奥三河の土豪である菅沼元成が築城しました。
築城者の菅沼元成は菅沼氏庶流の
長篠菅沼家2代当主です。
菅沼満成の次男で、今川氏親に部将として
誼を通じた武将でした。

長篠城歴代城主

菅沼元成以降、長篠城は菅沼正貞まで
長篠菅沼氏の五代が代々居城としていました。

【戦国時代】
長篠菅沼氏が徳川家康
服属していた元亀2年(1571年)、
武田信玄による三河侵攻の一端として、
天野景貫によって攻められます。
犠牲は大きかったのですが、
陥落だけは何とか免れました。
その後、菅沼総領家である
田峯菅沼氏から遣わされた使者の説得を受け、
城主であった菅沼元成の直系玄孫である
菅沼正貞は、心ならずも
武田軍の圧力に屈したのでした。

元亀4年(1573年)、
武田家の当主であった
武田信玄の病が悪化したことにより、
前年末から続いていた武田軍の
西上作戦が春には切り上げられ、
武田軍は本国へ撤退し、
その途中で武田信玄は死去しました。
その間隙に徳川家康によって攻められました。
城主である菅沼正貞は
天正元年8月(1573年)には開城退去、
城に返り咲くことはありませんでした。
以後、武田軍の再侵攻に備えて、
徳川家康により城が拡張されていきます。
なお、現在残っている本丸の
大規模な土塁などは
この時のものと考えられています。

天正3年5月21日(1575年6月29日)、
父である武田信玄の跡を継ぐことになった
四男の武田勝頼が1万5千の兵を率いて、
奥平信昌が約500の手勢で守る
長篠城を攻め囲み、長篠の戦いが始まりました。

天正4年(1576年)、
前年の長篠城の攻防戦で
城が大きく損壊したこともあり、
奥平信昌は新城城を築城し、
長篠城は廃城となりました。

元禄2年(1698年)、
大身旗本の一色直興が
知行替えで当地を領します。
陣屋は長篠城跡の二の丸にありました。
現在は代官家の林家屋敷跡の石碑が建っています。

【現代】
昭和4年((1929年)、
当時の史蹟名勝天然紀念物保存法により、
城跡一帯が国の史跡に指定されました。
その後、帯曲輪跡には
新城市立長篠城址史蹟保存館が建設され、
長篠の戦いの理解を助ける展示が
されるようになったのでした。

2006年(平成18年)4月6日、
日本100名城(46番)に選定されました。

スタンプ設置場所は
新城市長篠城址史跡保存館窓口です。




スポンサーリンク



<スタンプ設置>
「長篠城」のスタンプは、
新城市長篠城址史跡保存館1階、
自動販売機の横(館外)に設置しています。
館外に設置しておりますので、
保存館の開館時間外・休館日でも
押印が可能です。
なお、台風接近時等、
管理の都合上やむをえずスタンプを
移動・格納する場合があります。
「長篠城」のスタンプ設置場所

【所在地】
〒441-1634
愛知県新城市長篠字市場22番地1
電話・Fax:0536-32-0162

【交通アクセス】
<車>
◆新東名高速「新城IC」より、
国道151号を飯田方面へ約3km。

◆東名高速「豊川IC」より、
国道151号を新城方面へ約19km。

保存館に隣接して、
専用の無料駐車場があります。
(普通車約50台、大型バス2台)

<電車>
JR飯田線「長篠城」駅で下車、徒歩約8分
(長篠城駅に停車する電車は上り、
下りとも約1時間に1本ずつです。
散策のルートによっては、
「鳥居駅」から乗降車すると便利な場合が有ります。

<バス>
現在、豊橋駅前バス停から
長篠城前バス停までの
直通バス路線はありません。

<バス停と時刻表>
新城市営バスです。
バス停「長篠城址前」

【遺構】
【城跡】
本丸付近は多くの遺構が残っています。
特に大規模な空堀と土塁が残っています。
天正元年(1573年)に
徳川家康が長篠城を奪取した後に
大規模な修築を行った結果であると
考えられています。
また、飯田線のために本丸と寸断されましたが、
本丸南には野牛曲輪があり、
ここの遺構はよく残っています。
けれどもしかし一方で、
城の北側のほとんどは埋没、破壊されています。
現在は畑地や宅地などになっていますが、
一部に石垣の遺構を残しています。

【新城市長篠城址史跡保存館】
<開館時間>
午前9時~午後5時
(入館可能時間:午後4時30分まで)

新城市長篠城址史跡保存館

<休館日>
●通常毎週火曜日
(火曜日が休日の場合は次の平日が休館)
●年末年始(12月29日から1月3日)

<観覧料>
「長篠城址史跡保存館入館券」
小中学生:
100円(50円)

一般:
220円(170円)
()は団体料金で20名以上。

「設楽原歴史資料館との共通入館券」
小中学生:
150円(80円)

一般:
440円(330円)
()は団体料金で20名以上。

武田信玄~風林火山の軍旗のもとに、戦に明け暮れ駆け抜けていった53年の人生でした。

長篠・設楽原の戦いの古戦場~織田・徳川連合軍と武田軍の決戦の地です。

亀山城~群馬からやってきた奥平氏が築城し、やがては山家三方衆と呼ばれる有力土豪になった。

奥平貞勝と亀穴(滝山)城~松平氏・今川氏・織田氏・徳川氏・武田氏と戦国の世を渡り歩き84歳まで生きた。

山県(飯富)昌景~武田家重臣の筆頭格で部隊の軍装「赤備え」が有名です。

古宮城 (日本続100名城)~武田信玄が三河侵攻の拠点として築城させ、徳川・奥平氏によって 攻められ落城。

徳川家康~「麒麟」を連れて戦国時代を終わらせた天下人~その生涯を手短に!

岡崎城(日本100名城)~徳川家康の誕生地の城で岡崎公園は日本さくら名所100選でもあります。

亀姫(徳川家康の長女)、母は築山殿で夫の奥平信昌との間には4男1女を授かりました。

織田信長について~駆け足で手短にわかる織田信長の49年の華麗で残酷な生涯

設楽城跡~鎌倉時代初期に設楽氏が築城した愛知県で最も古い城跡であるそうです。

二俣城~水運に恵まれた街道上の要衝で武田VS徳川の激しい攻防の舞台となり、徳川信康が切腹を遂げた城です。

見付天神社(矢奈比売神社)~東海道・見附宿の守護で霊犬悉平太郎伝説、ゆるキャン△にも登場しています。

関連記事

  1. 平蔵城(千葉県) 平蔵城~築城は室町期に土橋氏による築城とのこと、のちに阿弥陀堂で…
  2. 高幡城跡  高幡城跡~新選組・土方歳三の菩提寺である高幡不動尊~分倍河原の戦…
  3. 丸山城跡(神奈川県伊勢原市) 丸山城跡~横山党の糟屋氏の居館跡を伊勢盛時(北条早雲)対策で扇谷…
  4. 末森城跡(遠景) 末森城跡~末森城攻防戦の地~前田利家VS佐々成政、前田利家の加賀…
  5. 伊豆守山城跡 伊豆守山城跡~堀越御所の詰城として築城され、其の後は小田原北条氏…
  6. 尾張・大草城(尾張国知多郡) 尾張・大草城(尾張国知多郡)~織田有楽斎(長益)が入城予定の幻の…
  7. 関城跡・関親子の宝篋印塔 関城跡(常陸国)~南北朝時代に南朝方であった関宗祐・宗政親子が北…
  8. 大友城(千葉県) 大友城~千葉氏の祖である平良文の居城と伝わり、平常持、常将、常長…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 土肥実平とその妻~武士団「中村党」の中心であり頼朝から厚い信頼を受けた宿老~小早川家の祖。 土肥実平と夫人像

ピックアップ記事

  1. 木曽小丸山城
  2. 北田城址(会津)
  3. 木俣守勝
  4. 板額塚
  5. 冷川不動尊 不動の滝
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP