城跡

武蔵・引田城~甲斐武田氏家臣で北条氏の庇護を受けた志村景元の居城でした。

武蔵・引田城



スポンサーリンク



【武蔵・引田城

 
引田城は甲斐武田氏
旧臣志村肥前守景元の居城とされています。
志村景元は長篠の戦い
討死した山県昌景の首を
敵から奪い返した
志村氏の一族であるとのことです。
それ以前から平山氏の一族が
引田城に拠っていたとのことですが、
天正10年(1582年)の
武田氏滅亡後に
北条氏から招かれた
可能性があるとのことです。
北条氏の下では
平山右衛門大夫配下となりました。
なお引田八雲神社は志村景元が
天正17年(1589年)に
再興しております。

【武田氏から北条氏へ】
北条氏の拠点である
小田原市内にも
志村氏の居館があることから
武田氏滅亡前後に志村一族は
北条氏の庇護を受けたと考えられています。
地元では引田城の殿様は
馬上の姿がとても
美しかったという言い伝えが
残っています。
志村景元は1590年の豊臣秀吉
小田原攻めに際して、
八王子城にて自刃したとのことです。
武蔵・引田城

【地理地形】
宝泉寺背後の高台には
東に突き出した台地先端を
利用して築かれており、
北側には沢が流れて天然の水堀を形成し、
同時に生活用水の役割も果たす
利便性の高い地形でありました。
城跡は杉が林立し
私有地であります。
近くの熊野神社あたりが
本丸であった可能性があるそうです。
今ではすっかり住宅地ですが、
よく見れば土塁らしき遺構があるとのことです。

【交通アクセス】
JR五日市線「武蔵引田」下車 徒歩約20分
【所在地】
〒197-0834 東京都あきる野市引田716

【宝泉寺・所在地】
〒197-0834東京都あきる野市引田681

武田信玄~風林火山の軍旗のもとに、戦に明け暮れ駆け抜けていった53年の人生でした。

武田勝頼~甲斐源氏・戦国大名としての甲斐武田氏最後の当主、素質と環境が合わず悲劇が訪れます。

山県(飯富)昌景~武田家重臣の筆頭格で部隊の軍装「赤備え」が有名です。

長篠・設楽原の戦いの古戦場~織田・徳川連合軍と武田軍の決戦の地です。

八王子城~日本100名城で日本遺産となった関東屈指の山城、城主は北条氏照でした。

北条氏照~北条氏政の同母弟、文武両道で外交手腕に長けており、兄を補佐し盛衰を共にしました。

北条氏政~小田原北条4代目~最大の領土を築くも、生きた時代と合わなかった慎重派で愛妻家で家族思い。

檜原城~鎌倉武士の花形の末裔で武蔵七党・西党の一族の平山氏が築城、豊臣方には徹底抗戦しました。

関連記事

  1. 下野・川崎城址 下野・川崎城~藤姓塩谷氏の塩谷朝業が鎌倉時代初期に本拠地として築…
  2. 下館城 下館城~藤原秀郷が築いた三館の下館との伝承あり、江戸時代は下館藩…
  3. 伊佐城址(筑西市) 伊佐城~伊達氏の祖とされる一族の伊佐氏が築城し、南北朝時代には南…
  4. 鵜丸城 温泉津 鵜丸城(うのまる)・温泉津~当時の最先端技術で築城された毛利水軍…
  5. 大多喜城 大多喜城~築城は真里谷信清、徳川四天王の本多忠勝が城主となり今日…
  6. 伊勢・亀山城址 伊勢・亀山城~伊勢平氏の流れをくむ関氏が亀山古城を築城し、岡本良…
  7. 西方城 西方城~宇都宮一族の西方氏~皆川氏との激戦が繰り広げられた城
  8. 滝山城跡 大堀切と 本丸にかかる木橋(曳橋) 滝山城~続日本100名城、国の史跡で中世城郭の最高傑作の一つであ…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 西方城~宇都宮一族の西方氏~皆川氏との激戦が繰り広げられた城 西方城

ピックアップ記事

  1. 山崎の戦い・本陣候補
  2. 史跡 福山城跡
  3. 佐貫城址 千葉
  4. 内裏雛と三人官女
  5. 石山本願寺 推定地
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP