源頼朝

  1. 法隆寺 敷地内 門 桜

    土御門通親~村上源氏の嫡流で九条兼実を失脚させ、やがては朝廷政治を掌握します。

    【土御門通親】源 通親(みなもと の みちちか)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿です。村上源氏久我流、内大臣・源雅通の子です。官位は正二位・内大臣、右大将、贈従一位。久我家4代。七朝にわたり…

  2. 稲毛重成と枡形城~秩父一族で畠山重忠とは従兄弟、相模川の橋を架橋したと伝わる人物です。

    【稲毛重成】稲毛 重成(いなげ しげなり)は平安時代末期から鎌倉時代初期の武将です。鎌倉…

  3. 滝野川城 松橋

    滝野川城~豊島氏一族の滝野川氏が築城するも太田道灌によって滅ぼされました。源頼朝の布陣地としても有名です。

    【滝野川城】滝野川城は武蔵の豪族、豊島氏の一族である滝野川氏の居城でした。けれども築城し…

  4. 誓願寺 駿河

    誓願寺~創建は源頼朝公で武田信玄が再建したお寺で片桐且元の墓があります。丸子城への登城口があります。

    【誓願寺】せいがんじ。源頼朝の創建で、花倉の乱によって戦火により類焼した後、武田信玄…

  5. 江川邸及び旧韮山代官所跡

    江川邸及び旧韮山代官所跡、世襲代官の江川家は900年続く清和源氏で日本の歴史に関わっています。

    【江川邸及び旧韮山代官所跡】【史跡 韮山役所跡】韮山役所跡とは静岡県伊豆の国市韮山町の東…

  6. 鶴岡八幡宮 境内

    足立遠元~十三人の合議制のメンバー、平治の乱で活躍し、東国武士ながらも文官の素養を持つ人物でした。

  7. 報国寺 プロムナード

    八田知家~小田氏の始祖であり十三人の合議制の一人で源氏4代に仕えた人物です。

  8. 仁右衛門島

    仁右衛門島~源頼朝が身を隠し潜んだ場所で、頼朝一行を洲崎から案内したとも伝わる平野仁右衛門氏の島です。

  9. 源頼朝上陸地の碑 館山市洲崎

    源頼朝公上陸地の碑と矢尻の井戸と洲崎神社~館山市洲崎、「義経記」に書かれています。

  10. 源頼朝上陸地の碑 安房郡鋸南町竜島

    源頼朝上陸地の碑と神明神社~ 安房郡鋸南町竜島、吾妻鏡に記載されています。

おすすめ記事

  1. 近江・田中城、明智光秀・文献初登場の舞台とされる城 近江・田中城

ピックアップ記事

  1. 掛川古城
  2. 掛川・碧岩山観音寺跡(構江遊園地)
  3. 清龍寺・信康廟
  4. 西来院・月窟廟
  5. 松平信康
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP