源頼朝

  1. 報国寺 プロムナード

    八田知家~小田氏の始祖であり十三人の合議制の一人で源氏4代に仕えた人物です。

    【八田知家】八田 知家(はった ともいえ)は平安時代末期、鎌倉時代初期の武将でした。鎌倉幕府御家人です。下野宇都宮氏の当主である宇都宮宗綱(八田宗綱)の四男です。系図などによる異説としては源義朝の落胤で、…

  2. 仁右衛門島

    仁右衛門島~源頼朝が身を隠し潜んだ場所で、頼朝一行を洲崎から案内したとも伝わる平野仁右衛門氏の島です。

    【仁右衛門島】仁右衛門島(にえもんじま)は、千葉県鴨川市太海の沖合約200mにある島です…

  3. 源頼朝上陸地の碑 館山市洲崎

    源頼朝公上陸地の碑と矢尻の井戸と洲崎神社~館山市洲崎、「義経記」に書かれています。

    【源頼朝公上陸の碑・矢尻の井戸】館山市洲崎の「矢尻の井戸」は、治承4年(1180年)、石…

  4. 源頼朝上陸地の碑 安房郡鋸南町竜島

    源頼朝上陸地の碑と神明神社~ 安房郡鋸南町竜島、吾妻鏡に記載されています。

    【源頼朝上陸地の碑・竜島】伊豆・蛭ヶ小島に流されていた源頼朝は、治承4年(1180年)に挙兵…

  5. 野島崎灯台と伝説の岩屋

    野島崎・伝説の岩屋~安房に逃れた源頼朝が武運再興の願掛けをした「隠れ岩屋」です。

    【野島崎・伝説の岩屋】治承4年(1180年)の昔、伊豆の石橋山の戦いに敗れた源頼朝は安房…

  6. 名熊の二本杉(源頼朝伝説)

    名熊の二本杉~源頼朝が地にさした箸が立派に成長して日本の杉になりました。

  7. 硯山長福寺 仁王門

    硯山長福寺~開山1200年の歴史を持つ古刹で源頼朝伝説と伊八彫刻のお寺で有名です。

  8. 浦賀城(叶神社)明神山

    浦賀城~東叶神社境内、安房里見軍に備えて小田原北条氏が水軍を配置、浦賀水道から房総半島が一望できる。

  9. 鶴岡八幡宮 舞殿

    静御前~源義経の愛妾、儚い幸せとその後の寂寞たる足跡は今に語り継がれています。

  10. 桜並木 河原

    上総広常~房総平氏の惣領家で源義朝の郎党~平家政権の打倒よりも関東の自立を目指し殺される

おすすめ記事

  1. 妻木城と士屋敷と崇禅寺~明智光秀の正室・煕子の出身と妻木築城主の明智(土岐)頼重とは? 妻木城と崇禅寺

ピックアップ記事

  1. 清州城(模擬天守)
  2. 加藤清正公の銅像 (妙行寺)(名古屋市中村区)
  3. 清正公誕生之霊地(妙行寺)(名古屋市中村区)
  4. 木下長嘯子宅跡(木下勝俊)(秀吉清正公園(中村公園))
  5. 豊太閤産湯の井戸(常泉寺)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP