女性

  1. 鶴岡八幡宮 舞殿

    静御前~源義経の愛妾、儚い幸せとその後の寂寞たる足跡は今に語り継がれています。

    【静御前】静御前(しずかごぜん、生没年不詳)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の女性白拍子です。母は白拍子の磯禅師。源義経の愛妾でした。【源義経との出会い】源義経が京都堀川第で兄頼朝の刺客である土佐房昌俊に…

  2. 虎女(虎御前)住庵の跡

    虎御前~曽我兄弟の兄・曽我十郎祐成の愛妾、山下長者屋敷(住吉要害)で生まれ育ったとされています。

    【虎御前】虎御前(とらごぜん、安元元年(1175年)⇒ 嘉禎4年(1238年)?)は、鎌…

  3. 満江御前屋敷跡(大屋敷)

    満江(万劫)御前~曽我兄弟を含めて5人の子供のお母さんで狩野茂光の孫娘です。屋敷跡やお墓があります。

    【満江御前の屋敷跡(曽我氏の下屋敷跡)】曽我兄弟が工藤祐経を討つために富士の裾野に向かおうと…

  4. 報国寺 プロムナード

    寒河尼(網戸尼)~源頼朝の乳母で結城朝光の母、女地頭となり長寿を全うしました。

    【寒河尼】寒河尼/寒川尼(さむかわのあま/さむかわに、保延3年(1137年)⇒安貞2年2…

  5. 鑁阿寺 鐘楼

    北条時子~足利義兼の正室で北条政子の同母妹、身の潔白の為に自害。お腹が膨れた原因は寄生虫の可能性あり。

    【北条時子】北条 時子(ほうじょう ときこ、生没年未詳)は平安時代末期から鎌倉時代前期の…

  6. 報国寺 竹の庭

    伊賀の方~北条義時の継室で7代執権の北条政村の生母、伊賀氏の変は政子との女性の戦か?

  7. 鎌倉 大倉御所跡

    1分でわかる比奈(姫の前)~北条義時の正室、源頼朝お気に入りの女官で絶世の美女だが、比企一族の乱で離縁。

  8. 班渓寺

    山吹御前~木曾義仲(源義仲)の妻妾で木曾義高(源義高)の生母とも伝えられています。

  9. 宗悟寺 比企一族顕彰碑

    比企尼~源頼朝の乳母~ずっと支え続けた偉大なゴッドマザーで鎌倉幕府創立の陰の功労者。

  10. 木曽義仲公と巴御前(義仲館)

    巴御前~強弓の名手で荒馬乗りの美貌の女武者、常に木曾義仲の傍にいたが最期の時だけは叶わず。

おすすめ記事

  1. 三太刀(みたち)城跡~小早川氏の祖である土肥遠平の御館か?~相模から安芸国沼田荘へ。 三太刀城跡

ピックアップ記事

  1. 平将門公
  2. 島田城跡(常陸国・常総市)
  3. 平将門公本據豊田館跡
  4. 國王神社(坂東市岩井)
  5. 延命寺(坂東市) 山門
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP