城跡

周布城・鎌倉時代築城の古城~源平の争乱や南北朝、戦国時代を生きてきた周布氏の城

周布城(島根県)



スポンサーリンク



【周布城】

周布(すふ)城は、島根県浜田市にあった城郭です。
鳶巣城(とびのす)とも呼ばれています。

鎌倉時代・築城】
周布城は、この地の豪族・周布氏の居城でした。
日本城郭大系によれば、
周布氏初代となる御神本兼定は、
益田兼季の次男で鎌倉時代初期の
安貞二年(1228年)に
この地に所領を受けました。
尚、御神本氏の祖は、関白であった
藤原北家の一族で
藤原忠平の後裔である国兼とされています。
そして御神本氏の先祖は源平の争乱で
源氏方について戦っていました。
益田氏はやがて周布氏と名乗る様になりました。
(御神本氏⇒益田氏⇒周布氏)

【南北朝時代】
南北朝時代、周布氏は三隅氏と共に
南朝方に属し各地を転戦します。
応永32年(1425年)、
漂着した朝鮮官船を保護したことを
きっかけに朝鮮との交易を始めました。

【戦国時代】
戦国時代になると、大内氏に属しましたが、
大内氏が滅亡すると
毛利氏に従うようになりました。
15代・周布元盛は、
吉川広家に従って朝鮮に出兵し、
晋州で討死にしました。

関ヶ原の合戦後に廃城】
慶長5年(1600年)の 関ヶ原の合戦後、
毛利氏の領土が長門・周防の2国に削減されると、
周布氏も毛利氏家臣として萩に移住し、
周布城は廃城となりました。
萩には周布家の長屋門が残っています。

【地理地形や構造】
城は、周布川下流に面する
標高82メートルの鳶巣山に築かれました。
山頂部の小規模な本丸および
それを取り巻く二郭で主郭部を構成しているそうです。
さらに北西と南西に伸びる尾根に沿って
曲輪群が設けられていたとのことです。

【遺構】
曲輪、土塁、堀切、竪堀

【形態】
山城
【築城者】
周布兼定

【築城年代】
文永年間

【城の説明】
周布地区の東南隅にある聖徳寺の裏にある小丘です。
大手筋は鳶巣山の南麓にある
聖徳寺東側の墓地あたりとのことです。 
けれどもここからの登城はできません。

【交通アクセス】
【電車】
JR山陰本線「周布」駅⇒徒歩約15分
 
【車】
浜田道浜田IC⇒国道9号線⇒県道305号線

【所在地】
〒697-1321 島根県浜田市周布町

石見・亀山城 、城主は都野氏で都野家頼から都野元勝への家督継承の逸話有り。

石見・福光城(物不言城)~吉川経安の拠点で悲劇の武将である2代目城主の吉川経家とは?

関連記事

  1. リンナイチャシと案内板 リンナイチャシに行ってきました。チャシはアイヌ語で「砦」のことで…
  2. 勝浦城址 安房 勝浦城~築城は真里谷氏、後に正木氏の城で、最後の城主はお万と三浦…
  3. 花岳城址(小田原) 花岳城跡~平安末期に土肥一族の小早川氏が居館、室町期に大森頼春が…
  4. 桜山城(三原城詰の丸) 備後桜山城(三原市)~三原城の詰城~山頂から三原市街や瀬戸内海が…
  5. 石見城 石見城~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」、芋代官「井戸平…
  6. 神梅城(深沢城)址・本丸 神梅城跡~阿久沢氏の居城~山間にあった城と集落、上杉謙信、小田原…
  7. 宇都宮城址 宇都宮城~800年の歴史を誇る関東七名城~宇都宮氏が築城し本多正…
  8. 平作城 城の腹堰の石碑 平作城~衣笠城の支城、三浦義明の弟の孫である平佐古(蘆名)為重の…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 伊勢貞興~名門・伊勢宗家の若き武将で明智家重臣~二条城で織田信忠を攻める 伊勢貞興

ピックアップ記事

  1. 湯村山城
  2. 金山城址・石碑
  3. 三好長慶像
  4. 神梅城(深沢城)址・本丸
  5. 高津戸城跡 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP