史跡・城跡

華厳山 金剛寺(厚木市飯山)、創建は空海で平安時代前期です。伝安達盛長の五輪塔があります。

華厳山 金剛寺(厚木市)




【金剛寺】

曹洞宗寺院の金剛寺は、
華巌山遍照院と号します。
金剛寺は、大同2年(807年)に
弘法大師が開基し、
飯山観音堂の別当寺を
長年勤めてきたとのことです。
南北朝時代の混乱により
衰微していたところを
天文年間(1532年⇒1555年)
清源院4世忠州(天文15年卒)
が当寺を再建し、曹洞宗に改めたとのことです。
戦国時代末期に徳川家康
関東入国した際には天正19年(1591年)、
寺領5石の御朱印状を受領しています。

華厳山 金剛寺(厚木市飯山)

【厚木市史料より】
華巌山遍照院金剛寺
曹洞宗の寺で三田清源院の末寺です。
本尊釈迦如来。弘法大師開基。

古くは長谷寺と関係を有し
鎌倉時代の記録「東鑑」寿永元年五月の条に
相模国金剛寺僧侶等捧解状云々の項
にあるのは当寺です。
寺宝に錫杖銅鉢、
唐銅水瓶等当時の遺物があります。
参道にある阿弥陀堂には
同時代の阿弥陀仏像(国重要文化財指定)もあります。
天文年間清源院四世忠州和尚に依って中興され、
現在の曹洞宗に改宗されました。
御朱印高五石が下附され、
古くは七堂伽らんの建物があり
その絵図が残っています。
金剛寺の参道入口に近く、
黒地蔵、白地蔵を安置した
堂宇がありましたが、
黒地蔵は金剛寺内に安置されています。
白地蔵堂には江戸時代の末、
俳人つぶね房れい翁が住していました。





【大師堂】
金剛寺の側に四間に三間半の御堂があって
中に弘法大師の尊像を安置してあります。
寺伝によると大師34才の時の
自作の像であるということです。
創建は大同年間とあります。
(「厚木市史史料」より)

<大師堂>
大師堂は、大同年間(806~809年)
の創建とされています。

華厳山 金剛寺 大師堂

※偉そうな公家風の像があるとか。一説には足利尊氏らしいとか。

<大師堂裏の百体地蔵>
大師堂裏の百体地蔵

【ご本尊】
十一面観音菩薩

【文化財】
<木造阿弥陀如来坐像>
(国指定重要文化財)
<木造地蔵菩薩坐像>
(神奈川県指定重要文化財)

現在は木造の大師堂ではなく、
奥に進んだところにある
本堂・収蔵庫にあるとのことです。

華厳山 金剛寺 文化財説明

<厚木市指定有形文化財>
厚木市指定有形文化財

【伝安達盛長の墓】
大師堂の横に安達盛長の墓と
伝わる五輪塔があります。
草がかなり生い茂り、
五輪塔が埋もれています。

金剛寺 伝安達盛長の墓

収蔵庫には、
「法名盛長院三空道無大居士安達籐九郎」
と銘記された位牌も残されているということです。

厚木の三田地区は安達盛長の所領があり
屋敷も構えていたとの事です。

金剛寺 お地蔵様

【所在地】
神奈川県厚木市飯山5456

※御朱印は扱っていないそうです。

【交通アクセス】
最寄り駅:
小田急小田原線「本厚木」駅
神奈中バスのりば5番
<厚18>「上飯山」行き
<厚20>「宮ケ瀬」行き
「飯山観音入口」下車 徒歩3分程度

<車>
厚木ICより15分程度

安達盛長~源頼朝を流人時代からの側近で生涯に渡って支え続け厚い信頼を得た人物。

関連記事

  1. 日暮八幡神社 日暮八幡神社~源頼朝が八重姫に会うために待ったひぐらしの森~日暮…
  2. 五所八幡宮(中村荘司御殿跡付近) 中村宗平~中村党の祖で源頼朝を支えてきた武士団で、鎌倉党とは大庭…
  3. 能満寺 能満寺(遠州臨済の三名寺)と能満寺の大ソテツ~国の天然記念物で日…
  4. 反町館跡 反町館跡~新田義貞公の館の跡~新田庄遺跡
  5. 疋田城跡 疋壇城~越前国境守備~刀根坂の戦い 斎藤龍興終焉の地
  6. 山崎山城遠景 山崎山城~下街道監視のための城~時流を掴み戦国後期を駆け抜けた山…
  7. 海蔵寺(広島県)からの眺め 海蔵寺・安芸の古刹~山中鹿介次女の盛江,北条氏直,東城浅野家,江…
  8. 今福薬医門公園 今福薬医門公園に行ってみよう!祖先は武田氏家臣。四季折々のお花見…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 国吉城~難攻不落の落ちない城~朝倉攻防10年間・粟屋勝久守りぬく! 国吉城・上の道

ピックアップ記事

  1. 通化寺 風景
  2. 鳶ケ巣城(出雲)
  3. 稲葉良通
  4. 八上城・遠景
  5. 天橋立 ブルー
PAGE TOP