鎌倉殿の13人

指月殿~伊豆で最古の木造建築~北条政子が我が子である源頼家の菩提所として建立。

指月殿



スポンサーリンク



【指月殿】
指月殿(しげつでん)。
修禅寺に対面した鹿山の麓に位置する指月殿は、
北条政子が息子である源頼家の冥福を祈り
菩提所として建立したものです。
数千巻の経文を寄進し、
菩提を弔ったといわれていますが
その大半は散失し、
現存するものはわずか8巻となりました。
そのうちの第23巻が
静岡県指定文化財として
修禅寺宝物館に置かれています。

「指月」とは経典を意味し、
不立文字を解くための言葉であるそうです。
この建物は伊豆最古の木造建築といわれており、
本尊の釈迦如来像は、
禅宗式という珍しい形で、
持物のないはずの釈迦像が
右手に蓮の花を持っているのが特徴です。
スギの寄木造りで、高さ2.03m、ひざ張り1.69m。
鎌倉時代の作で、県文化財に指定されています。
昭和57年(1982)7月から
約2年をかけて、修復作業が行われました。

<本尊の釈迦如来像>
本尊の釈迦如来像 指月殿

額の「指月殿」は同じくこの地に幽閉された
一山一寧の書と云われています。
一山一寧は中国からの渡来僧で、
蒙古からの間者だと疑われ、
この地に連れて来られましたが、
後に建長寺円覚寺に住することとなったのでした。

【所在地】
〒410-2416  静岡県伊豆市修善寺
【交通アクセス】
(1)修善寺駅からバスで7分
(東海バス・伊豆箱根バス「修善寺温泉」行、終点修善寺温泉下車すぐ。)
(2)東名沼津ICから車で30分(伊豆縦貫道経由。)

※指月殿の専用の駐車場はありません。

源頼家~悲劇の2代目~北条VS比企、時々朝廷、そして東国武士の権力闘争が渦巻く時期。

北条政子~いちずに恋した乙女は幾多の悲しみと困難を乗り越え尼将軍となった。

源範頼~ひそやかに育てられ、兄の源頼朝のために尽力するも嵌められて消えてゆく

十三士の墓~源頼家の家臣たちの眠る場所

修善寺温泉~伊豆最古の湯治湯で歴史・文学・豊かな自然が調和よくブレンドされた処です。

関連記事

  1. 狩野茂光・北条時宗の墓 工藤(狩野)茂光~伊豆半島最大の勢力を築いた狩野氏~末裔に絵師集…
  2. 妙本寺(比企邸跡) 比企朝宗~比企一族で源頼朝と朝廷に仕えており才色兼備である姫の前…
  3. 海 碇 平知盛~入道相国最愛の息子、一門の最後を見届け散り行く様は歌舞伎…
  4. 江川邸 山木館近く 堤信遠~山木兼隆の後見人で伊豆の権守、源氏が平家を征する最初に放…
  5. 小坪 小忠太光家の宅 亀の前~頼朝が流人時代から寵愛していた女性~そして政子の諸事情に…
  6. 源(木曽)義高の墓 常楽寺 源(木曽)義高~大姫の婚約者~幼くも純粋な愛を育むが源頼朝により…
  7. 大阪方面 河内源氏の栄枯盛衰~形成から興隆、衰退、初の武家政権となった鎌倉…
  8. 三浦義明公 三浦義明と衣笠城合戦~長老は自らの命を盾に三浦一族の未来を守りま…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜公屋敷跡 ~現在の静岡市にあった屋敷跡2箇所をご紹介します。 徳川慶喜公屋敷跡(紺屋町)

ピックアップ記事

  1. 日運
  2. 井出の沢古戦場
  3. 反町館跡
  4. 湯船城跡
  5. 和田義盛 旧里碑
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP