城跡

金山城(城山 (伊豆の国市))~畠山国清が籠った城ですが今はハイキングとロッククライミングで有名です。

金山城(城山)



スポンサーリンク



【金山城(城山)】

金山城(城山(じょうやま))は、
静岡県伊豆の国市にある標高342mの山です。
静浦山地に属しており、
伊豆半島ジオパークのジオサイトの一つです。

金山城跡は神益城(かんますじょう)ともいわれ、
室町時代の軍記物語である
「太平記」に畠山国清がたてこもった城として登場します。
現在、周辺にハイキングコースが整備され、
城山山頂からは、市内を一望することができます。

【歴史】
南北朝時代の1361年に
畠山国清は弟二人と共に、この城山の金山城、
同伊豆の国市と沼津市の境界にある発端丈山の三津城、
伊豆市の城山の修善寺城に立て籠もり、
鎌倉公方勢と戦い、翌年に降伏しました。

頂上部は見張台として
使用されていたと考えられています。
その後、戦国時代にも
小田原北条氏が城として使用したとのことです。
山中には堀切や土塁の跡が残っておりますが、
これらが畠山国清、小田原北条氏の
どちらの建城時に造られたものかは
わかっていないそうです。
頂上付近の登山道に南方向が開けた岩部がありますが、
これはこれらのいずれかの時期に
人が削って作られた通路であるということです。

【遺構】
堀切の一部・曲輪・虎口?・土塁

【地学的観点より】
城山は地下にあったマグマが冷え固まり、
浸食によって地表に現れることでできる
岩頸と呼ばれる地形です。
麓には狩野川が流れ、
岩肌が現れた特徴的な姿から、
周辺地域のシンボル的存在となっています。
元来「丈山」と書いたそうです。

【ハイキングとロッククライミングで有名】
現在では、歴史としての金山城よりも
その切り立った岩壁が
ロッククライミングのスポットで
人気になっているそうです。
また、狩野川の脇から山頂まで登山道が整備されており、
ハイカーの中には城山に登頂し、
葛城山を目指し、発端丈山を越え
駿河湾に抜ける長距離ルートを歩く人もいるそうです。
山頂は狭いが開けており、
北から南東方向の眺めがよく、
眼下に狩野川、北は富士山から、
南の天城山を望むことができるとのことです。

【所在地】
〒410-2325 伊豆の国市神島

【電話】
055-948-1428(伊豆の国市教育委員会)

【交通アクセス】
伊豆箱根鉄道「田京」駅より徒歩約30分

【駐車場もしくは駐車スペース】
駐車場:あり(但し2台分くらい)
※城山ハイキングコース入り口駐車場
駐車スペース:時には20台以上止まっている事も。

修善寺城~南北朝時代の関東管領及び伊豆守護であった畠山国清の乱

七尾城跡~国史跡の日本五大山城~能登畠山氏の本拠地。上杉謙信、前田利家も登場する能登の歴史攻防の城。

関連記事

  1. 生品神社 生品神社~新田義貞公鎌倉幕府倒幕の旗揚げの地~新田庄遺跡
  2. 花輪城址公園 花輪城~小金城の支城として~高城氏の滅亡と共に役割を終える
  3. 深谷城址公園 深谷城址~深谷市の中心部に存在する深谷上杉氏の居城~
  4. 鹿島城址(常陸国) 鹿島城(常陸国)~平安時代末期に鹿島氏によって築城されました。築…
  5. 石見城 石見城~世界遺産「石見銀山遺跡とその文化的景観」、芋代官「井戸平…
  6. 長篠城址 長篠城 (日本100名城)~城をめぐる激しい攻防戦で有名、国の史…
  7. 津幡城跡(物見砦) 津幡城~平維盛が砦を築き、富樫氏が戦い、上杉謙信が布陣、前田利家…
  8. 佐貫城址 千葉 佐貫城~室町中期から幕末まで 城主が替わりながら存続、経済交通の…



スポンサーリンク




コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 十神山城 、中海の水軍を抑える要害~尼子十砦~ 十神山城跡

ピックアップ記事

  1. 島崎城(南常陸)
  2. 諏訪盛直
  3. 静岡 渋川館付近
  4. 清澄寺 千葉
  5. 岩船地蔵堂 亀ヶ谷
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP