城跡

  1. 藤沢城(土浦市藤沢)

    藤沢城~小田城主の小田氏の支城であり、小田城を奪われた際には何度も拠点とした城です。

    【藤沢城】藤沢城は小田城を居城とする小田氏の支城として築かれた城です。築城は古く、鎌倉時代ともいわれています。諸説ありますが、小田氏治が小田城を奪われた際は、何度負けても小田城奪還を諦めずに小田城を奪還した小…

  2. 神宮寺城跡(常陸国)

    神宮寺城(常陸国)~南北朝時代に築城された南朝方の城で遺構が良好な状態で残っています。

    【神宮寺城】 神宮寺城は南北朝時代に東条氏によって築かれた城です。南朝の北畠親房を迎え入…

  3. 阿波崎城址 入口

    阿波崎城~南北朝時代に南朝方の北畠親房が転戦した古城跡です。

    【阿波崎城】 地区阿波崎にある阿波崎城跡は、南北朝の争乱の頃、南朝方の雄である北畠親…

  4. 土浦城

    土浦城~伝説上では平将門の砦、文献上では八田知家後裔の若泉氏が築城、戦国期を経て土浦藩となる。

    【土浦城】土浦城(つちうらじょう)は、常陸国新治郡(現:茨城県土浦市)にあった日本の城で…

  5. 小田城址(つくば市)

    小田城跡(つくば市)~鎌倉初期に八田知家が築城し、戦国時代の小田氏15代の居城でした。

    【小田城】小田城(おだじょう)は、現在の茨城県つくば市に存在した日本の城です。国の史跡に…

  6. 大多喜城

    大多喜城~築城は真里谷信清、徳川四天王の本多忠勝が城主となり今日の大多喜城となります。

  7. 真里谷城跡 入口

    真里谷城~武田信長が築城し真里谷武田氏の本拠地となった城と云われています。

  8. 関城跡・関親子の宝篋印塔

    関城跡(常陸国)~南北朝時代に南朝方であった関宗祐・宗政親子が北朝の標的に晒されながらも戦いました。

  9. 高遠城 伝大手門

    高遠城~国の史跡で日本100名城、春には珍しい品種の桜であるタカトオコヒガンが咲き誇ります。

  10. 木曽小丸山城

    木曽小丸山城~応永年間(1394年~1428年)に築かれた山城です。

おすすめ記事

  1. 川和城跡~源義経の郎党であり、武蔵武士である熊井太郎忠基の名が刻まれた碑があります。 「熊井太郎忠基」の石碑

ピックアップ記事

  1. 鎧橋・鎧の渡跡
  2. 鎧神社
  3. 兜神社
  4. 平将門公
  5. 島田城跡(常陸国・常総市)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP