城跡

花輪城~小金城の支城として~高城氏の滅亡と共に役割を終える

花輪城址公園




【花輪城】

花輪城は、
下総国葛飾郡(現在の千葉県流山市)に存在した城です。
花輪城は高城氏の家臣である平本主膳正定虎によって
築かれた城として知られています。
また、平本氏に従ったという
渋谷氏と高橋氏が
永禄7年(1564年)の第二次国府台合戦に
参戦していたということです。

16世紀末に高城氏が滅亡した時、
花輪城も同じ運命を辿り廃城となったとされています。

現在は「花輪城址公園」として整備されており、
遺構としては土橋のかかる空堀や
土塁の痕跡が残されています。
また江戸時代中期に建てられた
琵琶首観音堂の礎石や基壇が残っています。
現在、琵琶首観音像は
流山市内の西栄寺に安置されています。

<花輪城の説明板>
花輪城の説明板

【地理地形】
江戸川に沿って突出する標高16~20mの
舌状台地の先端部分にあります。

<花輪城址公園・平地と丘>
花輪城 平地と丘

東側には川が流れており、
天然の堀としていたようです。

【遺構や構造】
◆土橋がかかる空堀
土橋 空堀

◆土塁跡の土盛り

発掘調査により、
台地を東西に区切る深さ3mの
空堀と土橋が発見されました。
二つ以上の郭が連続する
城郭形態の一部が明らかになりました。

<本丸・観音堂跡>
花輪城 本丸跡

<二の郭⇒現在は墓地(北側にあたる)>
花輪城 二の郭

【所在地】
所在地: 〒270-0174 千葉県流山市大字下花輪1355(平地部分)
所在地: 〒270-0175 千葉県流山市三輪野山5丁目911(丘の上)

【交通アクセス】
【電車】
流鉄流山線・流山駅から徒歩25分
流鉄流山線・流山駅から
東武バスセントラルに乗り
「花輪城跡公園」バス停下車すぐ
【車】
常磐自動車道・流山ICから5分
※駐車場はありません。
公園脇は駐車禁止ではないようですが、
住宅地となっています。
また、西側の道路(県道5号線・流山海道)
に面している個所に、
1台分の駐車スペースがあります。

<場所>
青印は停車させていただいた地点です。

葛西城~葛西氏が築城し、遠山綱景へ~鎌倉時代から下総国への拠点の城

国府台城~下総国の大激戦の地~国府台合戦、里見氏VS小田原北条氏

小金城跡~下総国、最大規模の平山城~現在は宅地開発が進むも面影はあり

戸定邸・戸定が丘歴史公園~富士見百景~戸定邸は重要文化財で庭園は国の名勝。

羽柴秀吉(豊臣秀吉・木下藤吉郎)~下層民から天下人~の生涯を手短に!

上杉謙信について~越後の龍・49年の生涯~駆け足で超手短に!

関連記事

  1. 足利学校 足利学校・ザビエルも海外に伝えた日本最古の大学
  2. 生品神社 生品神社~新田義貞公鎌倉幕府倒幕の旗揚げの地~新田庄遺跡
  3. 神梅城(深沢城)址・本丸 神梅城跡~阿久沢氏の居城~山間にあった城と集落、上杉謙信、小田原…
  4. 深谷城址公園 深谷城址~深谷市の中心部に存在する深谷上杉氏の居城~
  5. 伊勢崎城址の裏 伊勢崎城跡・築城者の那波氏について
  6. 高津戸城跡  高津戸城~高津戸渓谷、断崖絶壁の城~悲話や不思議な云い伝えあり
  7. 毒島城 遠景 毒島城跡~沼の小島にあった城~大蛇伝説あり
  8. 和田城址 石碑 和田城址~和田義盛の居城跡~三浦半島にある平城

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 山崎の戦い(天王山の戦い)、天下分け目の山崎合戦で明智光秀は何故敗れた? 山崎合戦古戦場

ピックアップ記事

  1. 一乗谷 朝倉氏館跡
  2. 大阪方面
  3. 濃姫
  4. 三沢秀次 溝尾茂朝
  5. 木俣守勝
  6. 伊勢崎城址の裏
スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP